先週観た映画

image1_27.jpeg
こんにちは。
連休たくさんありましたね。関係ない方も多いでしょう。
休めた方も働いていらした方も大変お疲れさまでした。

先週も幾つか映画観ました。
感想はツィートしてます。

http://twitter.com/lukirock823

いろんなものの供養する

image1_26.jpeg
思惑通りに4時起きして3時間ランできました。

暗い内に走り出し、目黒の自然教育園の森を眺めたり、三田の慶応商店街をウロウロしたり、汐留のコンビニで豆乳飲んだりして、東銀座へ。

まだ時間があまったので今度行きたい南インド料理屋さんをチェックしてから、築地の波除神社で記念撮影しました。

すし塚もたまご塚もえび塚もあります。
ケンタッキーフライドチキンは鳥供養するそうですが、築地の方々も昔からお魚さんたちを供養してきたよう。

8時からのヨガクラスに参加して、10時には帰る電車に乗れました。

これから作詞と原稿書きします。

るきちんの土曜日

image1_25.jpeg
今朝は平日と同じ5時起床。
6時半銀座到着。
1時間ほど皇居周りなど、ランニングしてヨガスタジオへ。シャワー使えてありがたいです。
8時からのクラスに参加しました。

今日で22日間連続。
朝イチが電車もクラスも空いてて気持ちいいなと思って、なるべく早い時間に行くようになりました。
土日は朝から混み混みですが。

それはそうと、交通費が結構かかります。
普段は都内の試写室をグルグルしてるのですが、路線が多岐に渡る為ICカードで何処でも行けるようにしてるのですが、毎日ヨガだと確実に同じメトロを使うので、考えてしまいました。
定期買う?みたいな。
でもウルトラマラソンの練習がハードになる頃はヨガなど頻繁にできるわけはなく無駄になるかも。
せめてクレジットカードのポイントが付くようなのにする?
でも私のスマホは古いモデルなのでオートチャージが出来ないそう。アップルウォッチを買えと誘導されます。

それはそれでカッコいい。改札を腕でピッと通ったり、お買い物も時計でなんて惹かれます。
でもランナーとしては微妙。
だって新作ウォッチはヘルス系に特化しているらしく心拍数はもちろん、心電図まで出てくるとか。GPSランウォッチとしても機能も。
けれどモノホンのランウォッチと比べると少し劣りそう。
フルマラソンで電池が持ったとしても、ウルトラでは確実に無理。
ガーミン様やエプソン様のようには行かなそう。

なので、ケチるきちんの結論は・・・
回数券!

調べると回数券ってすごくコスパいいんです。
普通のでも10枚の値段で11枚。
時間差(10〜16時)は12枚。土日祝限定は14枚。
ICカードは一回数円割引ですが、回数券は十数円割引です。期間は3ヶ月。

東京メトロの場合は乗り降り駅の指定がないので金額さえあってればどの区間でも使えます。

試写のある昼間は時間差を使える可能性も高く、今のところ4種類の回数券を購入しました。

ごちゃごちゃしたら身も蓋もないので100均で入手した透明なパスケースに区分けしたら超便利になりました。

明日は3時間ランです。
また朝ヨガにも行きたい・・・
ということはヨガしてから帰宅ラン?
でも昨日は六本木から土砂降り帰宅ランして、しばらくいいかなという感じ。

たぶん一番いいのは、4時半から電車に乗らず銀座へ走って向かい(多分1時間半くらいで着く)残りの時間は皇居や汐留とかグルグルして7時過ぎにスタジオへ向かうコース。

多摩川をずっと走ってると距離に実感がないのですが、普段電車移動している場所へロングランすると途端に距離を感じるのが不思議。

混雑した電車やバスに必死に乗ってたとこが、2kmしかなかったの?とか。
結構衝撃的です。

電車に乗る時間には別の意味を見出したくなります。
英語の勉強するとか本を読むとか。
スマホを見ているだけだと非常にもったいない。なら走っていけよって思ってしまう自分がいます。たった数kmだし。

今のところ足が大丈夫だから、こんなことを言えるのでしょう。
疲労が溜まってきたら何がなんでも電車!エレベーター、エスカレーター!
場合によってはタクシーも。

ちゃんと、食べて寝てリカバリーします。

写真はヨガ帰りに築地駅近くの路上マーケットで買った野菜。お手頃価格のオーガニックものが沢山あって興奮しました。生落花生は塩茹でがオススメと言われました。

今月の山田ルキ子

image1_24.jpeg
こんにちは。
CUT10月号発売しました。

私の連載映画コラム『小さなスクリーンの中で生きていたい』は66回目。

取り上げたのは『イット・フォローズ』で話題をさらったデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督の待望の新作『アンダー・ザ・シルバーレイク』とヌーヴェル・ヴァーグの祖母と言われるアニエス・ヴァルダの異色ドキュメンタリー『顔たち、ところどころ』です。

ミッチェル監督の新作については厳重体制?とうか言っちゃいけない感があった為、無言でまいりました。
いち早くご紹介できて嬉しいです!

またフィルムレビューコーナーでは、タイ映画としては新しいスリリングなクライムストーリー『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』について書かせていただきました。

ぜひご鑑賞の参考にご一読ください。
全国書店にて。

ホラーが熱い

image1_207.png
木曜25時はbayfmにて”lukiシンガーソングランナー”の放送があります。

今夜は新作オススメ映画『死霊館のシスター』のご紹介や、私のアルバム『その瞬間、見えた風景。』から「コレクション」、またランニングメールも読んじゃいます。

ぜひお聴きくださいね。
radikoタイムフリーでは放送終了から1週間お好きな時間にスマホでお聴きいただきます。
ぜひご利用ください。

luki シンガーソングランナー | bayfm78 | 2018/09/20/木 | 25:00-25:30 http://radiko.jp/share/?t=20180921010000&sid=BAYFM78