10回目完了!

先週土曜日はCUT NIGHT vol.10でした。
ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました。
渋谷編集長の洋楽から邦楽へ繋がる話も興味深く、勉強させていただきました。

私のライブも聴いてくださって嬉しかったです。
リハーサルのときとは全然違うエネルギーを感じ、緊張して間違えてしまったり色々ありましたが、素晴らしい時間を過ごせました。
特別な皆さまと同じ空間にいられたことが何より幸せです。

またお席の都合でご入場を諦めてくださった皆さま、大変申し訳ありませんでした。
次は改善し、お楽しみいただけるように努力します。私のライブも精度を上げるべく精進してまいります。

ライブの模様は今週、来週放送のbayfm”lukiシンガーソングランナー”でレポート致します。

luki シンガーソングランナー | bayfm78
2021/09/18/土
https://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20210919000000
2021/09/25/土
https://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20210926000000
#radiko #lukiシンガーソングランナー #luki #アーティスト #映画 #マラソン #千葉県

今月の山田ルキ子

ご無沙汰しております。山田は元気に生きてます。
本日はCUT9月号発売日です。

実は・・・などと勿体ぶるのもお恥ずかしいのですが、先月8月号で私の連載『小さなスクリーンの中で生きていたい』は100回目でした。
細々と長くやらせていただきましてありがとうございます。

さて今月は『ドライブ・マイ・カー』です。
巷で話題になっている村上春樹風インスタント焼きそばの作り方(完璧な湯切りは存在しない、完璧な絶望が存在しないように。)にインスパイアされ、私のコラムも春樹さん風にしてみました。今のところどなたにも突っ込まれません・・・
わかる人にはきっとわかる。

そして大好きなマッツ主演作『アナザーラウンド』です。酔っ払い仲間として大いに盛り上がる作品でした。最後のダンスが最高です。オッサンだろうがヘロヘロだろうが、北欧の至宝は永遠です。

余談ですが、というかホントはこちらが本題。
本日はCUT NIGHT の抽選応募お申し込み最終日です!9/11に向け始動しております。有料開催(1000円)にしたとたん誰も来ないかも!という恐怖に駆られますが・・・
感染対策も万全にあなたをお待ちしております。
ぜひ、お気軽にお申し込みくださいませ。

CUT NIGHT vol.9終了

昨夜は下北沢シャングリラにて9回目のカットナイトでした。
雨にも関わらず沢山のお客さまにご来場いただきまして、楽しい時間になりました。
誠にありがとうございました!

私のライブも聴いてくださり嬉しい限りです。
その様子は土曜のbayfm”lukiシンガーソングランナー”でレポートします。
ぜひチェックしてみてくださいね。

luki シンガーソングランナー | bayfm78
http://radiko.jp/share/?t=20210711000000&sid=BAYFM78
#radiko #lukiシンガーソングランナー #luki #アーティスト #映画 #マラソン #千葉県

今月の山田ルキ子

こんにちは。
CUT5月号発売中です!

私の連載映画コラム『小さなスクリーンの中で生きていたい』は97回目です。

取り上げたのはガイ・リッチー監督の『ジェントルメン』と奇才ハーモニー・コリン作品『ビーチ・バム まじめに不真面目』のニ作品。
どちらも私の大好きなマシュー・マコノヒーが主演してます。
なんとも贅沢なマコノヒー祭り!
ダーティーヒーローも酔いどれ詩人も痺れます。

ご鑑賞の参考にぜひご一読くださいませ。

ご報告

皆さま、ご無沙汰しております。
新型コロナは変異株になってきたようですが、私はそんな最中に卵巣嚢腫という病気を体験しました。

振り返ると昨年は全く調子が上がらず、走っても心拍数ばかりアップするのでおかしいなと思ってました。加齢とか単に怠けて落ちてるのかもと放っておきました。

でも年末くらいから常に具合が悪く腹痛が起こるようになって、そのとき思ったのは咳とか発熱じゃないからコロナじゃない!安心安心!という感じ。
誰かに移すことだけを心配してました。

そして3月のCUT NIGHTの最終リハーサルの日の朝に妙に痛くなって近所の内科を受診しました。憩室炎や帯状疱疹を疑われたのですが、リハ時には立ってられないくらい酷くなって、夜に以前からお世話になっているお医者さんのとこへ行くと検査しないことにはどうにもできない、と大きな病院への紹介状を書いていただきました。

翌日、東京医療センターの総合内科を受診。腸炎じゃないですか?エコー検査で卵巣が腫れてるようだから、一応産婦人科も受診します?という流れになって、その次の日にまた来院。そこで卵巣嚢腫がほぼ確定しました。
ただ悪性の可能性が高くて、ちょっとヤバいなという感じでした。調べると自覚症状のある悪性の卵巣ガンはもうかなり進んでる状態とのこと。

そしてCUT NIGHT の本番がありました。担当医にはライブはやめた方がいい、痛みが酷くなってドタキャンになるかもと言われてました。
私的には道半ばなのが残念だけど、これが最後になるかもしれないから絶対やろうと決め、そして来てくれた方々に絶対に何かいいものを伝えようと思いました。幸い本番は集中できて、痛みは感じませんでした。

その後は検査の嵐。色んな注射打って血を取って放射線も浴びて、最後にはPCR検査もして、無事に入院できました。
ありがたいことに悪性を示す値は低く、卵巣嚢腫茎捻転だろうとのことでした。

手術室は魚の解体場のようで怖かったのですが、あっという間に全身麻酔が効いて起こされたときは喉に管が入ってて声が出ませんでした。
その夜は1時間置きに誰かが来て、足のポンプや繋がってる管や傷の確認をするので忙しいし、苦しいし、電気が眩しいしって感じです。癒着しないように寝返りしてくださいね、と言われても1ミリも動けず。

けれど人間の回復力は凄いものです。
手術の次の日からヨロヨロ歩けました。
予定通り6日間の入院で退院でき、その後は自宅療養で痛みは2日前くらいから無くなりました。

今日は退院後初めての診察で、取った腫瘍の病理組織検索の結果を聞く日でもありました。
おかげさまで悪性の可能性はないとのこと。

近くにいたバンドメンバーさんやスタッフさんにはご心配をおかけしました。
またインスタ実況したところ、その都度温かいメッセージもたくさんいただきました。
皆さま、本当にありがとうございました!
まだしばらく生きていられそうなので、やるべき自分の使命を果たしていこうと思います。

今後ともよろしくお願いします。